家事や子育てをしながらでも見られるプライムビデオ

ドラマ「パンとスープとネコ日和」の画面が表示されているタブレット自分が子どもの時、テレビでやってる映画を”一緒に観ようよ!”と母親を誘っても、母がゆっくりテレビを観たりする事はありませんでした。

わたしは、”なんで一緒に観ないんだろう。楽しいのに…”と思っていましたが自分が母になった今ならわかります。

一緒に観たいのは山々だけどやる事が多すぎて、また子どもがテレビに集中してる時だからこそやりたい事も多すぎて、とてもゆっくりテレビの前に座る事が難しいからです。

今回の記事は、プライムビデオをどうやって利用するのか?という利用方法ではなく、内容の紹介やどのように活用しているかを中心に書いていきたいと思います。

家事や子育てをしているとゆっくりテレビを観られない

子どもを産んでからはあまりゆっくりドラマや映画を観る事はありませんでした。
また、録画をした番組やドラマも録った事で安心して、改めて観る事があまりありません。

ある程度視聴時間で拘束される続き物のドラマや、最低でも2時間ある映画をあまりゆっくりと観る事が出来ないでいます。(レンタルで費用が発生して時間制限がある時だけはすべてを中断して観ます 苦笑)

そういう生活も、子どもが赤ちゃんのうちは我慢出来ていました。やる事が多すぎてそんな余裕がなかったからです。けど子どもも成長してきて少し時間も作れるようになって、たまにはドラマや映画を観てみたい。また、家の中に子どもといる事が多い時期に何よりも目の前の現実から一旦離れてみたい。という欲求がありました。

そんな時に主人が”今度からコレ始めるよ!”と用意されたのがAmazonのプライム会員になったら観られるプライムビデオでした。

プライムビデオとは?

Amazonのプライム会員になると様々な特典があるのですが、その一つがプライムビデオと言う、ドラマや映画、ドキュメンタリー、お笑い、アニメなどなど…様々なジャンルの番組が見放題のコンテンツです。

日本国内や海外の作品も多数あり、お金が発生する作品もありますが、無料の作品でも十分楽しめる内容になっています。

現在そのプライムビデオを、家事をしながらタブレットで楽しんでいます。
家事をしながらなので字幕を目で追う海外の作品はあまり観られませんが、家事をしながら声を聞きつつ、画面も観つつ、普段なかなかゆっくり観られないドラマや映画を楽しんでいます。

タブレットなので、洗濯物を干す時・お皿を洗う時・いつも自分の近くに置いて手を動かしながら観ています。

どんな内容のものがあるのか?

ジャンルごとに並べると…

--------------------

●邦画
●洋画
●アメリカのドラマ
●韓国のドラマ
●日本のドラマ
●アニメ特集
●お笑い・バラエティ番組
●グルメ・料理テレビ番組
●キッズ・ファミリー向け番組
●ホビー・実用テレビ番組
●ドキュメンタリー
●テレビ見逃し配信
(最近テレビで放送されていた番組が観られます)
●Amazonオリジナル
(Amazonでしか観られない番組)

--------------------

だいたいこんな感じです。

ドラマ・映画・アニメを中心に多彩な番組が揃っています。
さらに過去の懐かし〜いドラマなども観られるので、場合によってはかなり気持ちがタイムスリップします 笑

プライムビデオをどのように活用しているか?

わたしの場合は、”ながら視聴”なので字幕を追う海外の作品より、2時間に凝縮されたついつい入り込んでしまう映画より、家事をしながら作業をしながら気楽に観られる日本のドラマが視聴しやすいです。

ドラマの場合は当然CMがないので、仮に10話であれば間に何も挟まずぶっ通しで10話が勝手に流れます。一話ごとに途中で再生しなくても流れるので作業しながら観やすいのです。

そしてあまり子どもにはテレビを観せたくはないのですが、家事が進まない時、どうしても子どもの相手が出来ない時など、子ども向けの作品はものすごく多いので助かっています。

しかも、自分が子どもの頃観ていた昔のアニメなどを、今度は自分の子が好きになって観ていたりするので不思議な感覚に陥ります 苦笑

その他に、料理を絡めたドラマなどもあったりして、ただの料理番組より楽しめた上に、ご飯作りの参考になる時もあります。

さいごに。

Fire TVという専用の機器を購入するなどプライムビデオをテレビでも観られる方法もありますが、わたしみたいに”ながら視聴”をする場合には、やっぱりさっと持ち運べるタブレットが便利です。

タブレットだからこそ観る気にもなり、普段ゆっくり腰を下ろして観られないドラマを何本も観る事ができ、家事や作業の状況によって再生や一時停止を繰り返しつつも、いろんな作品を楽しむ事が出来るのだと思います。

子どもと家の中でこもる時期など、逃げ場がなくて気分転換をする事もできない時こそ、家事や作業を進めながらも自分の好きな番組を観て少し気分を変える事でわたしはとても救われました。。。

こういうものはそれぞれの状況に応じて楽しく活用するのがいいですね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする