メルカリアッテ 利用の流れ コツと感想 出品編

パソコンに表示されたメルカリアッテのサイトここ最近フリマアプリをよく利用していると以前の記事に書きました。

「最近人気のフリマアプリとは?」
「人気のフリマアプリ、ほんとに売れる?」
「フリマアプリ 買ってよかったもの 子育てグッズ編」

実はフリマアプリと同時に知らない人と直接会ってフリマのように取り引きも行っていて、今利用しているのはフリマアプリ”メルカリ”関連の”アッテ”というアプリです。

メルカリアッテとは?

このアッテというアプリは物同士の取り引き以外に様々なやり取りが行えます。

例えば…
--------------------

●あげます・売ります
●ください・買います
●貸して・教えて・助けて
●貸します・教えます・助けます
●仲間募集・イベント
●求人
●賃貸・ルームシェア

--------------------

などなど自宅付近の地域の人と様々なテーマで交流する事ができるアプリになっています。
でも知らない人と実際会う。というのは、ネット上だけのやり取りと違って近所だけにリスクも伴うので最初はちょっとコワイアプリだなぁと思っていたのですが、使い方を工夫すれば使えるアプリかも⁈という事でチャレンジしてみました 笑

 取り引き相手は女性だけにしたい場合

わたしの場合はフリマとしての使い方しか行っていないのですが、まず最初は出品する物を子育てグッズのみにしてみました。

そうする事でママさん(女性)の応募しか来ないのでは?(男性と会う事にはならないのでは?)と思ったからです。

案の定、子育てグッズを次々と出品した所、ママさん(女性)からの応募しかありませんでした。

なので直接会う取り引き相手は女性だけにしたい。という場合は、子育てグッズに限らず女性が欲しがりそうな物に限定して出品すると女性だけが応募して来ると思われます。

応募者が男性か?女性か?というのはプロフィールに性別を登録してる人といない人といるので必ずしもわかるわけではありませんが、性別を明かしていない人でも出品している物や文章の書き方でだいたいわかるのと、もしわからないような人の場合はその人との取り引きをしなければ(いろいろな理由をつけて)いいだけです。

そもそもあきらかに女性が欲しがりそうな物を買うような男性もなかなかいないので出品する物を選べばだいたいこれで不審者は防げます 笑

取り引きをスムーズに行うために

フリマアプリの取り引きと違い実際に会う取り引きは、日時を決めたり、場所を決めたり、服装や特徴を伝えあったりと、取り引きまでのやり取りがどうしても多くなってしまいます。

そこで少しでもやり取りをスムーズにするために、商品を登録する時に取り引き場所も明記しておきます。

商品ページには自分がいる場所の地図も(だいたいですが)登録時自動で表示されるようになっていますが、これも事前に決めた取り引き場所に設定しておきます。(そうする事で自宅付近が表示される事がないからです。)確実に特定されるわけではないにしろ自宅付近が登録されるのはちょっとこわいものがあるからです。

そして取り引き場所は、車が停めやすく(地方ならではです 笑)徒歩でも来やすく、人も多いわかりやすい場所にします。ある程度周りに人が多い場所にする事でひと目がありますので様々なトラブルになるリスクも低くなります。

取り引き相手とのやり取りが始まったら

特定の相手といざ取り引きが開始され取り引き日時を決める際に、始めに平日と週末とどちらがいいか?など大まかな都合を聞いた後は、こちら主導で日程を決めて相手に提案をし、相手があとはOKかNGかの返事をするだけのような内容にこちらで詰めて会話をするよう心がける事が大事です。

というのは、遠慮して少しずつ質問してたりすると、相手の返事を待ったりして時間もかかり、なかなか話が進まず長丁場になるからです。

相手が簡単な返事をしやすい会話の内容にする事でお互いの時間の無駄が減り、効率良く取り引きが進みます。

 出品する商品のケアや包装は丁寧に

自分が使っていた中古品を出品する事がほとんどかと思うので、掃除は丁寧に、包装は買って良かった!と、少しときめくような状態を心がけています。

するとほんとは使い古しの商品でも、掃除や包装の工夫次第で購入した相手にとってはお宝を手にいれたような反応が返ってくるのでこちらも嬉しくなります✳︎

フリマアプリを利用する理由は、不用品がお金に代わる喜びもありますが、使えるものを捨てるのは忍びない…これを必要とする別の人にまだまだ使ってもらいたい!という気持ちも大きく、お金だけの換算をするには、当日までの準備、取り引き場所まで行く手間や移動代や知らない人と会うリスクを考えると正直割りが合わないからです 苦笑

なので単純に不用品をお金に換えたい。という感覚だけじゃなく、それまでの工程も半分楽しめるくらいの感覚でいる事が取り引きを楽しめるコツです 笑

取引日当日は服装や特徴を伝える

いよいよ取引日当日が来たら、”今日はお忙しい所よろしくお願いします。”など相手を労いつつ、自分や相手の服装・特徴などを事前に伝え合っておくと、これまた取引がスムーズになります。約束の時間よりも少し早めに着いておいて相手を待ちましょう。

相手と無事会えたら、商品を先に見せて間違いがないか確認してもらい、お代を頂きます。お代の確認もきちんとその場で行ってからお別れしましょう。

直接会う取引は話をしなければならないのか?など心配する人もいますが、ほとんどの人は多少話をする事はあっても用が済めばさっさと帰ります 笑 たまにまだ話したそうな方もいますが 苦笑 こちらが切り上げればだいたい終わります。なのでそういう心配はあまりいらないと思います。

ですが、待ち合わせがカフェなどゆっくりできるような場所にすると、一緒にランチを食べたりする人もいるようなので、用だけ済ませてさっさと終わりたい人は流れ的にそうならない場所を選択すればいいと思います。

直接取引終了後には

取り引き相手ともお別れしてほっとしたら、相手からの評価をもらって、自分も評価をしたら取り引き終了です。(購入者から先に評価をしないと自分も評価ができないシステムになっています。)

直接取引の場合は荷物が届くわけではないので、相手が評価を忘れがちです。なので、取引が終わってしばらくしたら、”お時間がある時で結構ですので、商品をご確認頂いて問題がなければ評価をお願い致します(^_^)”と軽めに促しておけば都合のいい時に相手が評価をしてくれます。そしてお互いの評価が終われば取引が完全に終了です。

さいごに。

直接会う取り引きは始め少々緊張しますが、慣れるとコツが見えてきます。

通常のフリマアプリでは送料が高くてなかなか出品できないような大きな物でも直接引き取りに来てもらったり車で持参する事で出品できます。また、フリマアプリとは違い手数料も送料もかからないので出品しやすいです。

それに、フリマアプリだと売り上げは口座を登録しないと現金では頂けませんが、直接取り引きだとその場で現金に換わります。

直接会って取り引きというのは少々ハードルが高い気がしますがフリマアプリとは違ったメリットがあるので使い分けると便利です。

現在引越し前のわたしは、不要な家具をどんどんお金に換えています 笑
大きな家具は買う時はいくら高くても、リサイクルショップなどに出すとお金にならずむしろ逆にお金を支払わなければならなかったりするので、そういう時の直接取り引きはかなり役に立っています!

ちなみにメルカリをされている方が以下の招待コードを入力すると300円分のメルカリポイントが付きます 笑

✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎
招待コード:EQZRGPYW
✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎

または、アプリを落としたまま利用をためらっている方、興味があれば一度試してみませんか? 笑

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする