2017年3月 google adsense 審査が通った基準について

google adsenseサイトが画面上に表示されているパソコン今回の記事内容は特別にいつもの暮らしに関わる内容ではなく、”google adsense”に関する情報が欲しい方向けの記事になっております。
なので”google adsense”てなに?って方は、今回はスルーしてください 苦笑

2016年より難しくなった審査

2016年よりgoogle adsenseの審査が難しくなったと言われていますね。
わたしも一度審査に落ち、どうやったら通るの?涙 とばかり考えていたので、わたしが受かった状態をひとつの基準として同じような思いの方の参考になればと思い今回この記事を書く事にしました。

申請を出した時の詳細

まず、申請を出して審査が通った時のサイトの状態をまとめます。

サイトを作成してからの日数

最初に記事を書き始めた日から半年後に申請し、通りました。

記事数

サイトを作成してから40記事書いたところで申請し、通りました。

更新頻度

今まで見た審査が通るアドバイスのひとつに、毎日更新すべし!という項目を見かけた事もありますが、わたしの場合は日中子育てをしながらその他にもやる事があったので、毎日更新…う〜ん、無理!と思い、5日に一度のペースで更新してきました。

記事の文字数

最初のうちはなかなか文字数多めに書く事も難しかったのですが、振り返って見てみるとだいたいひとつの記事に2500文字以上は書いています。

オリジナル画像のみ掲載

画像をひとつひとつ自分で撮影し、そこにコピーライトを入れました。
そしてオリジナル画像のみを掲載しました。

他サイトへのリンクはナシ

審査が通るためによくあるアドバイスの中に、他サイトへのリンクは避ける!とあったので、何度かリンクをしたい記事も書きましたがぐっとこらえました。
でも、リンクをしても審査を通った!という記事も見かけたのでgoogle adsense審査の都市伝説かもしれません 苦笑

プライバシーポリシーの記載

ブログを始めて割と初期に一度審査に落ちました。
その時落ちた理由が、プライバシーポリシーの記載ページがない!という事でした。
でもわたしはこれに気づかず、というかイマイチわかっておらず、なぜ落ちたのかよくわからないまま半年過ごしたのでした。

なので二度目の申請の時にプライバシーポリシーの記載ページを設けて再度挑みました。

プライバシーポリシーの記載は、いろんなサイトで紹介されている雛形を参考にしました。
ちなみに、このサイトのプライバシーポリシーページはこのようになっています。

尚、プライバシーポリシーのページは審査に受かるためには必須のようですのでまだの方はぜひ作成されてください。

審査が通るまでの詳細

申請を出して審査に受かるまでのサイトの状態をまとめます。

申請を出してから審査が通るまでにかかった日数

申請を出したのが仮に1日の昼だとすると、審査が通ったのは5日目が明けてすぐの深夜でした。なので申請を出した日から数えると3日と十数時間といったところでしょうか…苦笑

googleの画面上には、審査の結果がわかるまで最低3日間かかります。というような内容だったにもかかわらず、数日かかりました。(落ちたのかなぁ、でもそれならそれで返事が来るはず。。。と悶々と過ごしておりました。)

申請中に新たな記事を更新したか?

よく、申請中は毎日更新すべし!などというアドバイスが掲載されているページを見かけますが、わたしの場合5日間に一度の更新ペースがせいぜいだったので、これで受からないのであればもう仕方ない。と割り切って挑んだので、前回の更新後すぐに申請を出してその間が5日間かからなかったので一度も更新をしませんでした。

それでも審査が通ったのでよくある”毎日更新!”アドバイスは必ずではないという事になります。

さいごに。

2017年3月現在にgoogle adsenseの審査が通った基準(このサイトの場合)をまとめてみました。

以前、google公式の審査が通るポイントの動画も見ましたが、サイトの内容としてわかりやすい例えとしては、”お子さんがいるご家庭でお子さんと閲覧しても問題のない内容であればよい!”との事でした。サイトを子どもが閲覧する可能性もあるので、その際に適切な内容であれば問題ないとの事でした。

以上、いろいろとまとめましたが、これから審査に挑む方のために少しは参考になる事を願って記事を終えたいと思います!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする