子どもの偏食対策 お菓子と野菜の関係

テーブルの上に並ぶ3人分の朝食子どもって野菜を食べていた時期があっても、甘いものに慣れると野菜を食べなくなったりするらしいです。

まさにうちの子がそうでした。以前は葉野菜は苦手でしたが、根菜類は好きでした。でも、出来るだけ遅いデビューにしようと心掛けてきたお菓子も、だんだん成長するとどうしても食べる機会が増えてきて、最近「お腹すいた、お菓子食べたい。」をよく言うようになりました。

それを聞いて親としては”お菓子はごはんにならないよ!”と言い返したい所ですが、子どもが甘いものを欲しがったり、野菜を食べたがらないのには実はちゃんとした理由があるらしいのです。

食べるか食べないかは味の種類で決める

子どもの舌には大人の舌より3倍も強く味を感じる味蕾(みらい)という味覚センサーがついています。これは大人にもついていますが年を追うごとに減少していきます。なので子どもの頃は食べられなかった苦いものが大人になってから食べられるようになったり、大人になって珍味を好むようになったりするのもこのセンサーが関係しているようです。

なので子どもは大人よりも味の種類や味自体を強く感じている事になり、また食べ物のそれぞれの味によって、これは食べても良いものか、悪いものなのかという事を判断するらしく、その味を重要な判断材料にするらしいのです。なので味によって本能的に反応し、反応する事で自分の体の中に何か良くないものが入らないように防御するという働きが行動として起こるらしいです。そして結果好き嫌いがはっきりしてしまうという状態になるらしいです。

味には基本の5味がある

味には、甘味、塩味、旨味、酸味、苦味があり、基本5味と言われています。

甘味

ごはんやパンや麺などに含まれる炭水化物でエネルギー源が入っていますよ!と伝える役割があります。

塩味

塩などに含まれるミネラルが入っていますよ!と伝える役割があります。

旨味

肉や魚などに含まれるアミノ酸でたんぱく質が入っていますよ!と伝える役割があります。

この3つの味というのは動物が生きていく上で”体にとって必要な食べ物”であるために本能的に好まれる味とされています。

しかもこの3つの味は母乳にも含まれていて、赤ちゃんが飽きもせずあんなに母乳を毎日飲んでくれるのはこの3つの味が母乳に含まれているからなのでした。なので幼い子どもにとっては馴染みのある味の種類になるので幼少期から好んで食べるそうです。

さらに母乳以外にもこの3つの味を含んでいるものがあります。それはジャンクフードだそうです。体に悪いけどおいしいジャンクフードは、人口的に味を作り添加物としてジャンクフードに入っています。だから体に悪いとわかっていても無性に食べたくなったり、中毒性があるので何度も何度も繰り返し購入してしまうのだそうです。

酸味

体を守るために避けるべきな危険な食べ物で腐敗物の可能性がありますよ!と伝える役割があります。

苦味

こちらも体を守るために避けるべきな危険な食べ物で毒物の可能性がありますよ!と伝える役割があります。

この2つは、本能的に好む3つの味とは違い経験によって好んでいく味になります。好きになるには食事で多くの経験を積まなければならないそうです。

 子どもの好き嫌いは自然なこと

基本の5味の中身を知ると、子どもたちは本能に忠実に従っている。という事になります。好き嫌いがあってもおかしくない、むしろ正しいくらいです 苦笑

好き嫌いはおかしい事ではない。という事で少しほっとはする一方で、甘いものばかり求めて野菜を食べないのは親としては不安になります 汗 野菜には栄養素も多いしできれば食べて欲しいと思うのが親心ですね、

でも子どもが甘いものを欲しがるもうひとつの理由が甘味の中毒性や依存性だそうです。たまに食べている時はそんなに欲しがらなかったのですが、繰り返し食べる機会があってから欲しがるようになりました。大人でさえ甘いものをやめられなかったりするのに幼い子はさらに我慢が難しいと思われます。

そこで、間食時にはさつまいもや果物やおにぎりを出すようにしました。たまにお菓子も食べますが、回数を減らしました。

食事中の環境づくりが大切

それでも食べる環境によって食べたり食べなかったりする事に気付きました。
例えば、我が家の場合は父親の仕事の都合で朝でも夜でも親子二人で食べることのほうが多いのですが、二人でテーブルについて子どもが食べないご飯を前に、「ちゃんと食べて。」を延々と繰り返しているうちに自分のイライラが募り、わたしの顔はおそらく恐い顔になり、二人の食べて!食べない!合戦でテーブルの上はいつしかカツ丼が置かれた取り調べ中の刑事と犯人みたいな雰囲気になります 苦笑

そして、二人の時は食べなかったご飯でも、主人が帰ってきて食べ始めると、主人の膝に座りさっき食べなかった同じメニューを「ちょうだい ちょうだい」とどんどん食べていました。
あとは料理中に「味見する?」と言って、子どもが「する〜!」と来ると、「いらっしゃいませ〜!」と言って、立ち食いのお店の振る舞いで立ったままで食べさせると食べるのに、テーブルに座っていつもの食事スタイルになると同じものでも食べないなど…
そういう事が続いたので、同じものでも環境や気分で食べたり食べなかったりするんだな、と気付きました。

行儀よりも楽しい雰囲気を優先

そこで、今まではちゃんと座って食べないと行儀が悪いから…と、椅子も動かないようにロックして”きちんとした状態で食べること”を大事にしていましたが、それに気付いてから少しやり方を変えて、最初は味見をさせてお店やさんごっこ風である程度食べてもらって、こちらの料理も終わって完全に席に付ける事になったら、わたしの膝の上に座らせて続きを食べてもらう。という流れに変えてみました。

そしたらほうれん草入りの料理もその日は完食してくれました!

後日子どもが、「いらっしゃいませ〜!って言って食べたよね〜♪」と楽しそうに話していたので、子どもの好きなごっこ遊びの延長で楽しい雰囲気を醸し出せば野菜入りでも食べるんだなぁ。と気付きました。

わたしはこういう事か〜!と目からウロコ状態で、その頃子どもはご飯をほとんど食べずにお菓子ばかり食べたがっていて、いろいろ時間をかけて工夫して料理しても、結局今日も食べなかった…と、こちらまで食事の時間が憂鬱になっていたので、食べてくれた事がすごく嬉しかったです。

そして、”おそらく完璧な子はいないだろうから、ちょっと行儀は悪いけど、この先いつまでも座って食べられない訳ではないだろうから、今はこれでいいや!”と思えました。

※兄弟がいるとこの方法もなかなか難しいかもしれませんが、楽しい雰囲気づくりと考えていけば、他にも何かアイデアが浮かぶかもしれないので、”食事は楽しい雰囲気で”という事は忘れないでおきたいと思いました。

 さいごに。

これまでは子どもの偏食にいろいろとモンモンとしてきましたが、なぜ食べるものと食べたないものがあるのかという理由を知って理解し、視点を変える事で食事にごっこ遊びを取り入れるという変化を加える事が出来て、そして行儀よりも今大切な食べることを優先する考えに自分が納得出来たのが、自分にとって成長だった気がします。

子どもは大人の思う通りにはなかなかいかないですよね、わかっちゃいるけど気になってしまう… でも理由を知るとほっとして、ほっとすると今回のような気付きがあるかもしれないので、なかなか持てないですが親としてはある程度余裕が必要だなと感じました。視野が狭くなるとどんどん抜け出せないループに入っちゃうので、やはりどーんと構えるくらいの気心がほしいものですね 笑

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする