絵本の選び方について

床に敷き詰められた絵本いつからか絵本が好きで、好みの絵本をこつこつと集めるようになりました。

そして子どもが生まれて、絵本の良さをたくさん味わってほしいなと感じました。
でも、最初は”いつから読めばいいのかな?””どんな絵本がいいのかな?”と疑問だらけでした。

そこで、行政主催の絵本の読み聞かせ講座を受けました。その講座では絵本の選び方から読み聞かせのコツや、絵本が親子にもたらす様々な効果を学びました。その講座で学んだいくつかの事をまとめたいと思います。

絵本の読み聞かせはいつから?

まずいつ頃から読むと子どもは絵本の世界を認識するものなのかな?と思っていましたが、はっきりいつ頃からという定義はないようです。ただお腹の中にいる頃からお父さん(特に)やお母さんが読み聞かせる事でまず声を覚えて、いざ産まれた時は目が見えないので親が声かけをした時に、”この声は聞き覚えのある声だぞ!”と赤ちゃんが感じるらしいです。

その時お母さんの声はずっとお腹の中で一緒なので日頃から聞きなれた声だけれど、お父さんはお母さんと会話しないと聞こえない声なので、お父さんがお腹の赤ちゃんに話しかけたり絵本を読み聞かせるのは、赤ちゃんにとって”母親以外の大切な人”というのが理解しやすく産後の父と子の関係がスムーズにいくらしいです。

そして産まれた後も、まだ言葉自体は理解しなくてもいずれ会話をする時のために沢山言葉というものを吸収したり、目が見えるようになると絵本の絵を視覚で感知していろんな事や物を少しずつ理解していくようです。

わたしも子どもが生後半年ほどから絵本の読み聞かせをよくしていたら、話し始めるのも早く、今でもよく喋る子になりました。

どんな絵本を選べばいいの?

絵本を読み聞かせたいなと思っても、本屋さんや図書館には沢山の絵本があり、一体どう選べばいいのかな?と思っていました。わたしが学んだ講座では、絵本選びについていくつかのポイントがありました。

年齢に合った絵本を

まず、赤ちゃんには赤ちゃんが認識できる程度の絵本があります。文字が少なくて内容もシンプルなものが多いです。本屋さんや図書館に赤ちゃんのコーナがありますのでぜひ見てみてください。絵本の裏表紙にも大抵”読み聞かせるなら○歳から 自分で読むなら○歳から”というような表示があります。

初版が古く昔からある絵本を

次にどんな絵本にしようか迷ったら、初版が最近のものよりも自分が子どもの頃読んでいたような絵本が良いそうです。理由は、書籍というのは売れれば売れるほど再販していくもので、昔からあるという事は沢山の人たちに読まれ続けているという事になります。そういう絵本は読み継がれる理由があり、子どもにとって良い絵本である事が多いからなのだそうです。

挿絵はリアルな絵本を

初めて絵本と出会う時(特に赤ちゃんにとってなのですが)この世のいろんな事やものがどういうものか全く無知なので、絵を見てそれがりんごだと言われればそれがりんごだとインプットされてしまいます。でもその絵のりんごがリアルな挿絵でない時、実際に見るりんごと、自分が絵本の挿絵で見たりんごが一致せず、頭が混乱するらしいのです。

赤ちゃんではなく少し物事を理解している幼児くらいになると、リアルとは違うかわいいりんごの絵でも本物のりんごを理解しているので、かわいいりんごもりんごだと認識できるらしいのです。

わたしも最初は、例えばリアルな動物の絵は赤ちゃんにはちょっとこわいかな?とか、かわいい絵のほうが赤ちゃんに似合う?ようなイメージを持っていたので意外だったのですが、理由を学んで”なるほど〜!確かに〜!”と思ってしまいました。笑 それからはリアルな絵本を選ぶようにして、きちんと本物を理解してもらいたいな。と思うようになりました。

4冊の並べられたリアルな挿絵の絵本

ちなみにわたしが持っている絵本では以上のようなものです。どれも挿絵がリアルに丁寧に描かれています。

なかには選ばないほうがいい絵本も…

絵本に良い悪いがあるとはちょっと意外だったのですが、わたしが学んだ絵本の講座では”出来れば選ばないほうがいい。”と言われた絵本もありました。

昔話や童話の絵本を選ぶ時はポイントがある!

みんなが知ってるような昔話や童話の絵本は沢山あると思うのですが、昔話や童話の絵本を選ぶ時はちょっと注意が必要なようです。

例えば、昔話や童話のタイトルがついているアニメのような挿絵のミニ絵本シリーズは、価格も安くサイズも小さいので購入しやすく持ち歩きに便利そうなのですが、価格が安くミニサイズで全サイズ同じくらいのページ数という事は、内容が簡素化されていて、話が長いものも短いものもだいたい同じくらいの内容に無理やり収めているそうです。

それはオリジナルとは違うものになり、お話し本来の本当の意味や内容が読み手に伝わらず、本物のお話しとは違う物語として子どもの記憶にインプットされてしまうそうです。

しかも挿絵もどんな物語も全部同じようなアニメ調で情緒がなく、そういう絵本というのは飽きられて結局読まなくなってしまうそうです。また、絵本の挿絵というのは子どもの成長の中で初めて出会う絵画でもあり、良いものを知る。という感覚が作られていく機会でもあります。

そして子どもは気にいったら何度も何度も同じ絵本を読みたがったりします。それは物語もそうですが挿絵がいいと子どもにとっては何度読んでも飽きないからだそうです。

なので大げさかもしれませんがわたしが学んだ講師の方は、”例えば仮に絵本の挿絵を切り取った時、フレームに入れて部屋に飾ってもよい。と思えるような挿絵が理想的。”とおっしゃっていました。

確かに子どもにとっては繰り返し見る身近な絵画だと言われたら、それぐらい良いものがいいのかもしれません。

おすすめの絵本に要注意!

おすすめの絵本!というのは読みたくなるものですが、おすすめする側の立場によって純粋な基準じゃない場合があるそうです。

例えば、絵本を売り出したい立場の人がおすすめする絵本の場合は(全てではありませんが)売り上げを上げるために勧める事もあり、そういった大人の事情で純粋に良いものに出会えない事があるそうです。

実際に絵本の講師の方がとあるおすすめの絵本を見た時に、偏りがあったり、一般的に良いとされている絵本が全然入ってなかったりした事があったそうです。

なので、そういった利害関係がない立場の方や団体がおすすめする絵本を参考にするのも良いとの事でした。

大人も読む事で癒される絵本

絵本を読むのは子どもだけ。というイメージが少なからずはありますがそんな事は全然なくて、むしろ日頃絵本の世界とは無縁な大人が読む事で癒されたり、親が子どもに読む事で子育て中の気分転換になったり、子どもは日頃ガミガミうるさい!? お母さんが絵本を読む時だけは優しい声で丁寧に読み聞かせてくれる事が至福の時間だったりと、大人も子どもも絵本の世界に触れる事は大事な事だそうです。

わたしに至っては日頃断捨離の考えが根付いてしまって、雑誌も文庫本も気に入ったもの以外は飽きたら処分する気持ちになれるけど、絵本はいつまでもとっておきたいし、わたしが読んでいた絵本を自分の子どもが読んだように、もし孫が生まれたらまたこの絵本を孫が読むかもしれない。などと思うようになりました 笑

そしてほんとに古いものでも同じ絵本が再販され続けて読み継がれて今に至っているので、絵本の状態さえ良くして読めれば、次の世代に譲る事が出来るからです。そう考えると絵本というのは普通の書籍より価値が高い気さえしてきます。

さいごに。

という事で最近ではすっかり絵本に魅了されてしまって、元々好きな絵本でしたがさらに好きになり、子どもと一緒に読みたいけど出来れば丁寧に扱ってほしい(それは無理な出来事だけど 苦笑)自分専用の絵本としてとっておきたいものが増えてきました。

なのでそういう絵本は子どもの届かない所に収納しておいて、読み聞かせたくなった時だけ出すようにしています 苦笑 今はそれぐらい、絵本が人に与える影響は大きいものだと感じるようになりました。

子どもは絵本から言葉や物事や様々な事を学び、大人は絵本に癒されてちょっと元気をもらえる…絵本とのそういう関係がいつまでも続くといいな♪と思いながら締めくくらせて頂きます 笑 ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする