正月の縁起担ぎ いいものと悪いもの

万両の実がなっている年末年始の時期になると、なんだか急に縁起ものが気になります 笑

普段はあまり気にしていなくても、年末ぐらい、年始ぐらい、一年に一度くらいは…と、いつもはしないような事でも気をつけてみたい気分になるものです。

つい先日テレビで見たアンケートでは、年末年始もひとりで過ごしお正月らしい事を全くしない人もいるようですが、年末年始に行う出来事にはひとつひとつ意味があり、それが縁起ものだったりする事もあるので、もし余裕があれば行ってみると意外に一年の縁起を担ぐ事が出来るかもしれません。

と言ってももう年末年始やお正月の時期は過ぎてしまってもう手遅れ…と思われるかもしれません。ところが私たちが思う現代のお正月は1月3日までやせいぜい一週間や15日くらいまでですが、実は元々お正月というのは1月全部の事を意味していたそうです。

なので元々のカウントでは一月中はお正月真っ只中。という事になり縁起ものも1月中ならまだ間に合うよ♪という事になります。”今年はお正月らしい事をなんにもしなかったなぁ”という方、正月の縁起もの、ちょっと参考にしてみませんか?笑

縁起のいいもの並べてみました!

ちょっと出遅れてからでも出来る、縁起のいいものを集めてみました。

とにかく明るく過ごす

一年間を凝縮したものがお正月と言われるように、お正月の過ごし方は大事なのだそうです。なのでとにかく明るく楽しく笑って過ごせれば一番いいそうです。ですが一ヶ月も笑って過ごす事も難しそうなので多少嫌な事が起こっても、割り切る・後を引かない・忘れる事が大事になりますね。普段はなかなか割り切れない出来事も年の初めだけはとちょっと強引に忘れてみるのも一年を明るく過ごす縁起が担げそうです。

願い事を3つ紙に書く

今年叶えたい大事な願い事を3つ紙に書くとよいそうです。紙は神とも繋がり、紙に書くことでより神様に願いが届きやすくなるそうです。その際はただ願い事を書くのではなく、まず願い事を書き、次にその為にどのような努力をするかを書き、最後に実際に実現するにはどういう方法を取るか。という事を書くと良いそうです。確かにただ願い事を書くよりも自分自身も方法が明確になって、願い事の実現にたどり着きやすくなりそうです。

神社に初詣に行く

年が明けて初めて神社に参拝する初詣、早ければ早いほどいいかもしれませんが元々のルールで行くと1月自体がお正月なので1月中に行ければ尚いいけれども、年が始まってそんなに時が経ってなければそれでも参拝しないよりは参拝したた方がいいと思います。

また、人も大勢参拝するような有名な神社もいいけれど自分が産まれた地域の産土神(うぶすながみ)様、または今住んでいる地域の氏神様、これが結構大事だと最近知りました。自分が住んでいる地域の氏神様だと家から近く参拝しやすいですね。

そして神社に参拝する際は、自分の住所と名前を言わないと神様も力を発揮出来ないのだそうです。絵馬にも住所と名前は書きますね。

そしてただ願い事を伝えるのではなく、”その為に自分も努力します。お力添えをお願いします。”という姿勢と感謝の気持ちが大事なのだそうです。確かに仮に自分が神様の立場だったとして、”願い事ばかり神頼みされてもねぇ”と思ってしまいますよね 苦笑 自分の願いを叶える為に一生懸命努力して感謝してくれる人のほうが応援したくなります。それは人間でも神様でも一緒なのだそうです。

 お餅を食べる

1月11日には鏡餅を食べる鏡開きの習慣があります。鏡餅は前年に実ったお米をついて作ったお餅で神様にお礼や感謝の気持ちでお供えしたお餅になり、それを食する事で神様の恵みを頂き力を授かり厄を払い1年間病気をせずに過ごせる。という言われがあります。

お墓参りをする

お正月、親戚一同が集まった時に皆で行けると一番いいのかもしれませんが、なかなかそうもいかない事情もあると思います。ですがお墓参りは一人でも行けます。

昔からの言い伝えでは先祖の霊はお正月とお盆と春のお彼岸と秋のお彼岸の年4回は子孫の元に戻って繁栄を見守ってくれると言われているようです。 ご先祖様に年始の挨拶をする。という意味でもお墓参りをして悪い事はないと思われます。

また、これももし自分が亡くなって天から子孫を見守れる立場になったとして、お墓参りをしてくれる子どもや孫やひ孫がいたとしたら…見守って応援したくなると思います。悪い気はしないでしょう。

縁起の悪いもの してはいけない事も

縁起のいいものがあるように、それをする事で縁起が悪いものも当然あるようです。三ヶ日が主な期間ですが一応目安にしたいところです 苦笑

家庭内で喧嘩をする

年の初めに家庭内で喧嘩をすると気の流れが悪くなり、大掃除で悪い気を掃き出したにもかかわらずまた悪い気が入ってきてしまい、一年間喧嘩の絶えない家庭になってしまうらしいです。お正月くらいは我慢できそうですが一ヶ月となるともつかどうか…苦笑 でも喧嘩をしても早めに仲直りする事を心がける。とか、解決に持っていく。など喧嘩した事をいい流れに変えるきっかけにできるといいですね。

家の中の掃除

これはせっかく来て頂いた年神様を追い出す事になると言われているので、お正月のお飾りを外したり鏡餅開きなどが終わった15日以降だと大丈夫かと思われます。

散財をする

これも元旦が一番良くないらしいですが、実際日本人が一番お金を使う日も元旦だそうです 苦笑 昔は元旦だけはどこも開いていなかった気がしますが今は開ける所も多いですね。しかも目当ての福袋などがある人は早く買わないと売れてしまう。という理由があるかもしれません。ですが最近は年末に福袋をネットで販売しているメーカーもあるようなのではっきりと目当ての福袋がある方は年末にチェックしておくのもいいですね。また、神社でのお賽銭だけはお金を使ってもいいという事です。

さいごに。

年の初めの縁起もの。いかがだったでしょうか? 縁起のいいものも悪いものもどれも自分の心がけ次第でそんなに難しいものではなかった気がします。そして神様やご先祖様など目に見えない存在への対応は、仮に自分がそうされたら?と想像するとどうすればよいのか?少しはわかりやすくなるかと思います。一年がHAPPYに過ごせるのなら年の初めの時期はいつもよりちょっと慎重に穏やかに過ごす事を意識してもいいかもしれませんね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする