お年玉の相場っていくらぐらい?

シンプルでかわいいデザインのお年玉袋、ポチ袋が置かれているお年玉って自分がもらう立場の時は嬉しいものでしたが、渡す立場になると正直年末年始の出費がかさんできつい時にさらに追い討ちをかけるイベントでなかなかパンチ効いてるなぁと毎年思います 苦笑

お年玉の由来は?

もともとお年玉はお金じゃなくてお餅だったそうです。しかも子どもだけがもらえるものじゃなくて目上の者が目下の者に渡すものだったそうです。例えば家長が家族に渡したり、お店の主人が使用人に渡したり、師匠が弟子に渡したり…とそういうものだったそうです。それが品物だったりお金だったりになっていき、高度成長期の時期に都市部からお金を子どもに渡す。という流れになったようです。そして子ども以外に渡す場合は”御年賀””御年始”という形で品物を渡すよう残っていったようです。

お年玉って何歳から渡すの?!

そんなお年玉ですが、渡せるものならほんとは多めに渡したい!でも年末年始はお金もかかるので計画的にしたいのと、周りとのバランスもあるのでそこは慎重に検討したいところです。

わたしがお年玉を渡す立場になったのは甥っ子姪っ子が産まれてからでした。初めは自分の甥っ子姪っ子だけだったのですが、結婚したら当然主人の甥っ子姪っ子にも発生するので年を追うごとに増えていきました 苦笑

ただ自分の子どもが生まれて最初に疑問を感じたのが、何歳からお年玉を渡すべきなのか?ということでした。そこで調べた結果、自分の子どもと親戚の子どもの2種類でいくと以下のような平均が多いそうです。

--------------------

▪︎赤ちゃんの場合

●自分の子ども → 渡さない・低金額のおもちゃや絵本

●親戚の子ども → 1000円から2000円(ほぼ1000円が多い)

--------------------

赤ちゃんにお金を渡すのもなぁとちょっとためらう場合は、低金額の図書カードを渡して、「ママに絵本買ってもらってね〜!」と一言添えるのもいいですね。

お年玉の相場ってスバリいくらぐらい⁉︎

お年玉ってみんないくらぐらい渡してるんだろう?多くても少なくても周りと差があまりにもあると良くないし、兄弟なら聞くこともできるけど渡すのが兄弟の子どもだったりするし…苦笑 そこで年代別にいくらぐらいが相場なのか調べてみました。

未就学児(3歳から6歳)のお年玉相場

小学校に入る前の年齢(3歳から6歳)だと、1000円〜2000円程度が相場だそうです。

小学校低学年(6歳から8歳)のお年玉相場

小学校に入って1,2年生の年齢(6歳から8歳)だと、1000円〜2000円程度が相場だそうです。
この頃だと未就学児と変わらないんですね。

小学校中学年(8歳から10歳)のお年玉相場

小学校の3,4年生の年齢(8歳から10歳)だと、3000円が相場だそうです。このくらいの年齢から3000円ほど渡せばいいんですね。

小学校高学年(10歳から12歳)のお年玉相場

小学校の5,6年生の年齢(10歳から12歳)だと、ここでもやっぱり3000円が相場だそうです。

中学生のお年玉相場

中学生だと5000円が相場だそうです。中学生になるとちょっと金額が上がりますね。でも年齢での違いはなく統一で5000円だそうです。

 高校生のお年玉相場

高校生だと5000円から10000円が相場だそうです。中学生が5000円だとすれば、5000円以上にしておけば間違いはなさそうですね。

大学生のお年玉相場

大学生だと10000円から20000円が相場だそうです。さすがに大学生だと5000円というわけにはいかなそうですね 苦笑

ちなみにこれらの金額は自分の子どもでもほぼ同じくらいだそうで、自分の子ども・親戚の子どもというより年齢でだいたい相場が決まる感じですね。

でもこれがすべてというわけではもちろんないと思います。兄弟が多い場合はあまり金額に差をつけないほうがケンカにならずに済むかもしれませんし 苦笑 島などの場合だと統一するために地域で金額を決めていたりするのでそれに合わせておけば問題はないでしょうしわかりやすくていいですね。

こだわりのお年玉袋のほうが渡すほうも楽しいかも?

さて相場もわかったところで渡す予定のある子どもの数分お年玉袋も必要ですね。自分がお年玉をもらっていた子ども時代、金額も気になるところでしたが、子どもながらにお年玉を頂く方の選ぶお年玉袋もなんとなくその方のセンスみたいなものを感じていました。

その時流行りのキャラクターものだったり、かわいいデザインのものだったり、昔からある定番の水引のお年玉袋だったり… 小さなお年玉袋からその方らしさを感じてお年玉を受け取ったものです。

ちなみにお年玉袋は折り紙でも折れますし、”お年玉またはポチ袋 テンプレート”と検索すれば無料のテンプレートもたくさんあります。

こちらが良いと思うものを子どもたちが良いと思ってくれるかはわかりませんが自分的にお気に入りのお年玉袋を用意しておくと渡すのも楽しくなりそうですね!

お年玉の用意は多めにしておいたほうが無難

お正月はいろんな方と会います。突然、渡す予定以外のお子さんと会う機会もあるかもしれないし、予想外の方から自分の子どもに頂く可能性もあります。そんな時のためにお年玉袋とお年玉に入れる新札は多めに用意しておいたほうがよさそうです。

さいごに。

お年玉の相場…必ずしもこの通りではなくても一応知っておくと参考にはなりますね。
自分がもらっていた頃は大人がお年玉でこんなにいろいろと考えてるなんて想像もつきませんでした 苦笑 しかも当時はもらえるだけで喜んでいましたが、今思えば結構多めに包んでくれていたのだなぁと感心してしまいます。

まあ確かに今とは時代が違ったというかもっとみんな景気が良かったからなのかもしれませんが、それでも自分たちの生活がある中でわたしみたいな子どものために毎年お金を包んでくれて…今思うと本当に感謝です。

今私たちが渡す子どもたちも将来自分が渡す立場になるといろいろと考えるところがあるかもしれません。その時の思い出の一部として少しでも嬉しい思いが残ってくれるようでありたいなと思いました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする