衣類の取扱表示マーク(ケアラベル)が変更になりました!

衣類に付いている取扱表示のタグつい最近衣類の取扱表示(ケアラベル)が変更になったのはご存知ですか?

2016年の12月1日から衣類の取扱表示(ケアラベル)が変更になり、これまでの日本独自のものから国際規格と同じ表示に変わりました。

変更の理由は、衣類の流通がグローバル化する上で日本独自の表示では衣類の輸出入時に表示の差し替えが必要だったり、洗濯機の高性能化や衣類や洗剤の多様化、またクリーニング技術の進歩など時代の変化に対応するためだそうです。

新しいケアラベルは、デザインが変わるだけでなく新たな記号や数字が使われて、種類も22種類から41種類に増えてより細かい表示になります。

衣類を購入する時は、家庭で洗濯できるのかクリーニングが可能なのかチェックしてから購入したほうがよさそうです。

…と言われてもそんなに覚えきれないし新しい表示には馴染みがないし、洗濯する度にマークの解説を見ないと正しい洗濯が出来なさそうなのでまとめてみました。

新しい衣類の取扱表示マークをまとめてみましたが…

衣類の洗濯取扱表示 ケアラベル

まとめてみてわかったのは、”洗濯”についてはなんとなくわかるのですが、その他の”○○できません”以外が自分で作ったこの表を見ないとしばらくわかりそうにありません…(汗)

洗濯

まず洗濯。これは家庭用洗濯機で洗濯できますよ〜。という意味ですが温度はともかくとして、自宅の洗濯機には弱めの設定が特になかったので(上等な洗濯機にはあるんでしょうね、おそらく 笑 ウチの洗濯機にはありませんでした。苦笑)弱めの設定マークが付いてる服を洗濯する時が来たらおそるおそる洗濯かなぁ…と思いました。

なのでこの”洗濯”マークでのポイントは”手洗いしてください”と”家庭で洗濯できません”はわかりやすいのでよしとして、桶の下の線が付いてるか付いてないか、また2本の線か3本の線か。という所が洗濯時要チェックだと思いました。

漂白

ここではまず三角は漂白剤のマーク!という事を覚えなければいけません。こちらも”漂白剤は使用できません”はわかりやすいのでOKとして、三角マークに斜線が入っているのは酸素系漂白剤のみ!という事を気をつけなければ洗濯に失敗しそうです。

アイロン

こちらはマークを見ればアイロンだな!というのは予想できるので、”こちらもアイロンがけできません”はわかりやすいのでOKなのですが、アイロンマークの中の黒点の数で設定温度が110℃とか150℃とか200℃とかまでしっかり決まっている。というのはすぐには覚え切れそうにないのですが、アイロンマークの中の黒点の数と設定温度の関係をしっかり覚える事がポイントになりそうです。

乾燥

一番マークの多い”乾燥”ですが、まず四角の中に丸があるマークは家庭用乾燥機が使用できるかどうかというのと、こちらも丸の中の黒点の数によって設定の強さが弱とか強とか決まってます。

また四角の中に縦と横の線が入ったもの、さらに斜線が入る事によって干し方の指定が細かく決まっているのには驚きました。今までのマークも干し方の指定はありましたが、”脱水なし”というのは馴染みがなく、そんな衣類の洗濯だと干す時は水が滴って大変だろうなぁと想像します。このマークは滅多になさそうですが一応知っておいたほうがいいですね。

あと、横の線はハンガーなどにつるして干すつり干し、縦の線は平らな所に広げて干す平干しとなります。斜線が入ると日陰干しになり、マークによっては脱水なしの日陰干しの平干し…と指定が多めのマークもあるのでマークを読み取るコツを覚えていきたいものです。

クリーニング

こちらは今までドライクリーニングのマークだけだったのが、ウエットクリーニング(クリーニング店で特殊な技術の水洗いと仕上げ)が必要な衣類かどうかというのまでわかるようになりました。なのでまず自宅でのホームクリーニング洗浄ができるのかをチェックし、石油系かどうかもチェック、また、クリーニング店での洗濯しかできないのにうっかりホームクリーニングしないようにチェックする事も大時です。

さいごに。

今までの取扱表示マークは日本語も入っていたしマークというよりイラスト的な部分もあったのでわかりやすかったのですが、新しい国際規格はマークというよりもう記号に見えてしまう所があって、一度解説を見たぐらいじゃ完全に覚えられそうにありません。

そういう自分を予想していつでも見られるように取扱表示をまとめたので、慣れない時などぜひどんどん繰り返し見てください 笑

ただ、上にまとめた取扱表示の解説は、わたしが自分がわかりやすいように勝手にまとめた解説ですから、正式なJIS規格の解説とは異なりますのでご了承ください。

また、ここにまとめたマークは一部なので実際新基準の取扱表示のラベルを見ると衣類の種類によっていろんな応用マークが出てきて、まるでなぞなぞを出題されたかのような気分になりそうですが、一問一問解いていって正しいお手入れ方法ができるといいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする