冬の朝の結露を取りたい。できれば結露は防止したい。

結露の発生した窓際

寒い季節、毎朝窓に結露が発生する季節ですね。。。

ただでさえ忙しい朝にせっせと結露を取る作業まで加わって家事倍増です 苦笑

室内の気温と外気温の差が激しい寒い日の朝は結露に出会うわけですが、車内の曇りのようにボタンひとつでさーっと曇り止めが出来れば素晴らしいのですが家の場合はそうはいきません。非常に残念です。

しかも朝すぐ仕事に出る時代は結露を横目にあまり気にしていられなかったのですが、実はこの結露、”窓が濡れて嫌だな”だけでは済まないので厄介です。

結露はカビやダニの大好物!

朝すぐ家を出て、結露をそのままにしていたらどうなったかと言うと窓に触れるカーテンに黒カビが発生しました。でも、白いカーテンだったので漂白すれば落ちるだろうとタカを括っていたら洗濯しても落ちませんでした。それぐらいカビの力は手強い事を知りました。

また、カビだけだと思っていたらダニはカビをエサにするらしく、ダニがそこに発生し、カビの胞子とダニの死骸やフンでぜんそくやアレルギーになる事があるらしいのです…

おぉ‼︎ カビは知ってたけどダニまでも… もう考えただけで結露を放っておけない気持ちになります。

じゃあ忙しい朝もせっせと拭くしかないないのか?! でも家中の窓を拭いてる時間はやっぱりない…そんな時はどうすればいいのか。。。

結露を防ぐ方法その1 雨戸を閉める

まず一番いいのは結露を発生させたくない。これが一番で家にも住む人の手間を考えた時もいいですね。そこでまず知ったのが”雨戸を閉める”という方法でした。

雨戸を閉める事で窓の外にもう一枚窓があるような二重サッシ状態になり、外の冷気が中に入りにくくなり部屋も暖かくなります。

試しに初めて雨戸を閉めた日の朝、窓に結露が全然発生していなくて驚いた事がありました。(現場の環境により100%防止できる訳ではありませんが結露の量が減るなど効果はあると思います)あんなにせっせと拭いていた窓を雨戸一枚閉めるだけで拭かなくてもいいなんて…ちょっと心が踊りました 笑

まあわたしの家のように古い賃貸の一軒家だと雨戸も年季入っていて閉めるのも一苦労なのですが…苦笑 でも重い雨戸でも結露を拭き取る作業に比べたら簡単なので寒い日はさっさと毎日閉めてます。

でも古い賃貸と言えば、最近の住宅だと二重窓になっているお宅や断熱がしっかりしている造りのお宅が多いので、そういう家だと”結露が発生しない”と聞いてみんな朝は結露に悩まされているものだとばかり思っていたわたしは目からウロコでした。

”新しい家の人や、北国に住む人(標準で窓が二重窓らしいです)は朝せっせと窓の結露なんか取っていない”と知った時、”そうなんだー‼︎”と、結構衝撃でした 苦笑

結露を防ぐ方法その2 部屋の湿度を上げすぎない

冬は乾燥するので湿度が気になります。ストーブを使っていたりするとさらに湿度も下がるのでストーブの上にやかんやケトルを置いたり加湿器を使ったりすると思います。ですが部屋の湿度が高いと、朝じゃなくても窓に結露が発生してしまいます。

なので部屋の湿度には気をつけて上がりすぎないように、また空気の換気も兼ねて時々窓を開けたり換気扇を付けたりしてみます。(雨戸が閉まっていても窓を開ければ多少の外気は入ってくると思うので開けたり雨戸を閉めていない他の窓を開けています)

結露を防ぐ方法その3 結露防止グッズを使う

結露防止と検索すると、フィルム・シートなど様々なグッズが出てきます。

結露防止フィルム・シートというのは、梱包などに使われる半透明なプチプチの付いたシートだったり、専用のフィルムやシートです。これを付けることにより、二重窓ほどではないにしても窓との間に一枚挟むので似たような役割をする事で断熱効果もあります。窓のサイズに合わせた結露防止用のフィルムやシートが販売されています。

わたしの家ではこれをあまり開けない窓や人目に付かない窓に使用しています。最初は半信半疑でしたが、こういう薄いシートやフィルムでも何もないのとは全然違うようで確かに断熱効果もあり、結露も発生しませんでした。

それでも発生した結露は?

できるだけ結露は防ぐ方法を取りたいけど、家の中には雨戸のない小さな窓やそれでも発生してしまう結露もあると思います。そういう場合には、発生した結露をできるだけ簡単に取るグッズもありました。

結露吸水テープや結露の水だれ防止スプレーや結露取りワイパーと言われるものです。こちらは結露防止と検索すれば出てきますが、結露を防止するというよりも、発生してしまった結露を取るグッズになります。

結露吸水テープ

結露吸水テープは窓周りの木の部分の腐食やカビを防止する結露対策用品です。結露って窓に発生する量よりも窓周りのほうが多いですよね。あの部分の水分を吸収して蒸発するテープになります。商品にもよりますがだいたい半年ほど付けたままでもいいみたいです。

水だれ防止スプレー

水だれ防止スプレーは窓ガラスにスプレーして窓に発生した結露が下に落ちていかないようにするものです。ガラス面に撥水効果があり、結露した水滴を表面張力によって水だれを防ぎます。こちらも商品にもよりますがだいたい一ヶ月ほどの効果があると言われています。

窓を拭くときに水だれしないのはありがたいですね。拭く時にあの水だれがタオルを通り越して室内に入る事もありそうになるので結構慌てます 苦笑

結露取りワイパー

結露取りワイパーは窓に沿ってワイパーを下から上に這わせて結露を取るのですが、結露がワイパーの取っ手の部分に水が溜まっていくので使っていて面白い感じさえします。時々水を抜きながら使います。磨りガラスなどガタガタな面はなかなかスムーズにはいきませんが、それでも水分は取れるので使わないよりはだいぶいいです。

さいごに。

結露に注目するまで、結露が発生する事でカビやダニまで出現してそれが人体にまで影響するとは想像出来ていませんでした。

いつも気になりつつも朝はすぐに家を出なければならなかったり、帰る頃にはもう蒸発してたりしたのでそのままやり過ごしていた時期もありましたが(今考えるとちょっとコワイ)これからは雨戸を閉める事や結露取り防止で朝の結露拭きをしなくて良かったり減らしたりして、結露取りグッズで取れる時はしっかり取ろうと思いました。

結露取りグッズは、これで窓拭きとおさばら!ではありませんが、タオルだけで拭いて回るとタオルがすぐに水分でいっぱいになるので都度タオルを絞る作業が発生してしまいますが、一度グッズを使用した後でタオルで拭くと、水分の量が少なく全然違うので絞る作業がなくやりやすいです。

ここまでいろいろと結露取りの大変さを語りましたが、この結露取り作業で唯一いい事があります。それは…いつもより窓をよく拭くので窓が常にきれい!これだけはいいなと思いました 笑

窓がきれいになると外の景色もよく見えて気分もすっきりするので、手間のかかる窓ですがこれだけは”一つだけでもいい事があって良かった!”という事で納得する事にしています 笑

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする