あなたは、あなたが食べたもので、できている。

テーブルに置かれた果物

昔はジャンクなものもよく食べていましたが、妊娠を期に食べるものを見直すようになりました。

そして食材の買い物も、小さな子どもを連れての買い物は結構な労力がいるので(小さい子連れのママさんを尊敬します 笑)ヘタレなわたしは基本的に食材宅配サービスを利用しています。

食材の宅配サービスか?ネットスーパーか?

一口に食材の宅配といってもいろいろな形があります。ネットの食材宅配サービスだったり、様々な店舗のネットスーパーだったり…

ネットの各食材宅配サービスは様々な種類があるのですが、宅配エリア範囲が主に首都圏だったりするので地方在住のわたしは利用出来るものが限られています。

なので”食材宅配”で検索していいなぁなんて思っても、自分の住んでいる街には宅配不可がほとんどなのです。

地方だとそういう場所も少なくないと思うので、”自分の住んでる地方名 食材宅配”で検索すると回り道せずに利用出来るサービスが見つかるかもしれないですね。

また、各店舗のネットスーパーだと全国チェーンの大手から地元スーパーのものまであります。

ただやはりネットスーパーだと店舗にあるすべての商品がネットスーパーで利用出来る訳ではないです。利用出来る商品に限りがあります。だから、店舗だったらあの商品があるのにネットスーパーでは取り扱ってない。という事もあります。

でもお米や瓶ものなど重たくてかさ張る商品が店舗に行かずとも家の玄関まで運んでもらえるのはありがたいです。妊娠中や育児中、介護中の方は特に重宝しますね、

特に自分がよく行く店舗のスーパーの宅配だといつも買い慣れた商品が置いてあったりして買いやすいです。また、なかなか行かない店舗の宅配だと珍しい商品があったりして目移りします 笑

そんな中わたしは以下の形式に落ち着きました。

食の安全が確保されたものを購入したい

--------------------

●野菜 → 地元の無農薬野菜(宅配)

●その他の食材 → コープ

●追加で必要になった時 → 通常のスーパー

--------------------

ただ、気を付けている事は、出来るだけ添加物や放射能のおまけが付いてこない食べ物を選ぶようにしています。

食材宅配サービスを検討する方の中で、このような食の安全を気にする方も多いそうです。

遠くで採れた野菜や果物は安いけど高い?!

遠方で収穫したものは、収穫してからの時間が長ければ長いほど栄養価がどんどん破壊されてなくなってしまうそうです。そして新鮮さを保つために薬がかけてある場合もあります。

または売られる頃の食べ頃を見越して未熟なうちに収穫され栄養も美味しさも落ちてたりします。そしてさらに輸送費・暖房費が上乗せされます。

輸入した野菜や果物は確かに安いのですが、人件費が安い国の大きな農場で大量に作って単価を安くし、一度に大量に輸入する事によって輸入コストが安くなるからだそうです。

でも実はその中に遠くから運んでくる運賃も含まれていて、栄養価が落ちた野菜や果物に運賃まで払って購入してる事になってます。

今まで、なんとなくはわかっていたつもりでしたがそれを実際に意識すると、遠くの場所でしか栽培がされていない種類の野菜や果物は仕方ないにしても、日本や地元で栽培されている野菜や果物くらいは身近な場所で手に入れたいな、と思うようになりました。

地産地消が人の体に一番合っている

そして身近な土地で取れた野菜や果物は、採ってすぐ売れるし食べられるので一番おいしい状態で収穫する事が出来、食べることができます。収穫してから食べるまでの時間も短くて済むので栄養量もしっかり残っています。

それに、人って何年も同じ土地で生活をしていくと体がその土地の気候に慣れていくらしいです。

もちろん野菜や果物の作物もその土地の気候に適したものが育つので、その土地に合った作物を食べていると体が元気になるそうなのです。

確かに、暑い土地の作物は体を冷やして、寒い土地の作物は体を温めるって聞きます。
栄養価に加えてそれぞれの土地に合ったものを食べる事が本来は自然な事なんだと再認識しました。

その人が選択して食べたものが体をつくる

そもそもどうしてわたしが食に興味を持つようになったかといえば、以前生命保険会社に勤めている友人が言ったひとことが気になったからです。

———————————————–

わたし:亡くなる人が多い一番の原因は何なの?

友人:それは毎日食べている食事、もうこれが一番だよ。

わたし:は!? 食事? どういう事?

友人:その人が食べる食事内容でほとんどの病気が決まると言ってもいいくらい。表向きには言わないけどね、

———————————————–

と言われたのです。その時は結構衝撃でした。思ってもみない返事だったので。
もちろん生活習慣もあるみたいなのですが、食事の摂り方で体が作られている割合もかなり多いらしいです。

そして思い出したのがある食品メーカーのコピーです。

“あなたは、あなたが食べたもので、できている。”

友人の話を聞き、このコピーを思い出したとき、あのコピーは本当の事なんだなぁとえらく納得したものです。

そこで初めて妊娠した時、母親の自覚も重なって、自分だけの体なら自分の責任で好きなもの食べられるけど、赤ちゃんの体を預かってるからそういうわけにもいかないなぁと思い始めて、何にも気にせずに食べるのはやめました 笑

どこにお金をかけるのかを決める

ただこれが、いい食材を選ぶと普通に買うより費用がかかります。

ですがこれもその友人が言った、”病気後の医療費は場合によっては莫大だよ、いい食事にこつこつ費用を掛けて毎日を健康に過ごすのか、病気になって辛い思いをしながらその医療に大きな費用を掛けるのか、人によっていろいろ考え方はあるだろうけどどちらを選ぶかだね!”

私は前者を選ぶ事にしました。ピンピンコロリ希望者なので。※ピンピンコロリ=病気に苦しむことなく、元気に長生きし、病まずにコロリと死のうという意味の標語です 笑

まあ人それぞれ寿命もあると思うので自分の思い通りに行くかはわかりませんが 苦笑
出来るだけピンピンコロリを目指して添加物と放射能のおまけには気を付けるようになりました。

自分が気をつけられる程度で

と言っても、食べるものすべてを管理するのは難しいし、他人とのお付き合いの中では時々ジャンクなものを食べる機会もあるし、何にも気にせずぱーっと食べたい気分の時もあるので、厳密にではありません。

基本的には自分の家で食べるものを出来る分だけ気を付けるようにしています。
細く長くでも、自分が続けられる事が一番大切かと思うので~笑

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする